teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


アニフェリア2016

 投稿者:濱田吾愛  投稿日:2016年 2月12日(金)18時21分24秒
返信・引用
  こんにちは。このところなかなか例会にも出られず失礼しています。
そんな折りですが、今日は2月28日(日)のアニフェリアのご案内です。
今回は、濱田吾愛カンテクラスとして、生徒の皆さんと参加します。
ぜひ、応援お願いいたします!

2月28日(日)17時開演 なかのZERO大ホール
【演目】セビジャーナス・イ・アレグリアス
【カンテ】濱田吾愛カンテクラス有志
【ギター】小倉誠司、渡辺藍子
【チケット】4000円

チケットのご用命は、濱田吾愛w.h.b.0109@ezweb.ne.jp/08054458636までお願いいたします!
 
 

例会予定

 投稿者:事務局  投稿日:2012年 3月18日(日)16時59分11秒
返信・引用
  3月例会は1日ずれて、4月1日日曜になりました。

2012年4月1日(日)
【レコードコンサート】
午後3:30開場、4:00すぎ開始予定
ANIFセンター(中野セルバビル3F)(JR中野駅南口10分、丸の内線東高円寺2番出口9分)
費用:会員無料・一般3000円(飲み物・つまみつき・持込大歓迎)

○4月例会
4月24日(火)
フィエスタ:エスぺランサ

○5月例会
5月27日(日)
飯野昭夫レクチャー:ANIFセンター

○7月例会
7月20日(金)
水落麻理さんカンテ・コンサート:要町プラサホール


です。追ってアップします。

事務局

 

ホームページの引越し

 投稿者:事務局  投稿日:2012年 1月15日(日)18時34分51秒
返信・引用
  東京フラメンコ倶楽部のホームページは
http://flamencatokio.web.fc2.com/
に引っ越しました
ブックマークの変更をよろしくお願いします

http://flamencatokio.web.fc2.com/

 

27日例会

 投稿者:事務局  投稿日:2011年 3月22日(火)22時17分49秒
返信・引用
  トップページでお知らせしているとおり、直前で申し訳ありませんが内容を変更し、震災チャリティーとします。  

カンテライブのご案内

 投稿者:事務局  投稿日:2010年 4月24日(土)01時01分34秒
返信・引用
  先日の例会に出演してくださったカンテの阿部真さんからのご案内です。
ぜひどうぞ!

5月21日(金曜日)19時スタート
カンテ:阿部 真 ギター: 松村哲志
場所:銀座 ギャラリー悠玄B1
http://www.gallery-yougen.com
(以前シェリークラブ主催でライブをやったところ)
料金:予約¥3000 当日¥3500(1ドリンク付)

※予約は
mmmabe@hotmail.com (阿部真)までお願いします

メッセージ:
まだCDは完成していませんが、ここしばらく取り組んできた成果がでるよう、気合いを入れて臨むつもりですので、お時間あれば ぜひぜひ来てみてください。
 

Elena Andujar!!!

 投稿者:REIKOメール  投稿日:2010年 3月15日(月)02時41分57秒
返信・引用
  こんにちは。会員のREIKOです。
いつも皆さまには、お世話になり、フラメンコを楽しませていただいて本当にありがとうございます。
さて突然スミマセン、今日は「エレーナ・アンドゥーハ」のカンテクルシージョと、ライブの案内をさせていただきました。
すごくよさそうです!!
クルシージョご希望の方は、どうかREIKO(reiko@jn4.so-net.ne.jp)までご連絡くださいませ。

DVD「フラメンコ・ウーマン」(サラ・バラス、ジェルバブエナ)でうたっているエレーナ・アンドゥーハが来日致します。
以下の日時にカンテライブが確定しており、また現在カンテクルシージョも企画中です。
この貴重な機会に、ぜひエレーナ・アンドゥーハの歌声に触れていただきたく、謹んでご案内申し上げる次第です。

暴言をおゆるしいただくと、今回の来日は例えば・・・「エスペランサ フェルナンデスが来る!」と同様かそれ以上のことと思います。
ぜひ皆さまにこの情報をお伝えしたいと思いました。ほぼ個人で招聘しているような、こういったアーティスト情報は、カンテの聴衆の皆さまにナカナカ情報が届きにくい側面がある、とこれまで強く感じてましたためです。

・カンテ中心のライブ(確定)
今月23日(火曜)、20時より、「八王子WAVE(南口3分)にて
チケット4500円
問い合わせと予約 木野さん(アルフレード・フローレスの奥様)
080-6584-5531
info@alfredoflores.com
HP:www@alfredoflores.com

・カンテクルシージョ(現在木野さんとREIKOで企画中)
今月26日(金)、20時より1時間予定、下北沢南口5分の スタジオ「EL PRAISO」にて
費用7000円予定(10人以上で割引あり)

今回はパーカッションのアルフレード・フローレスさんが中心となって招聘されたとのことです。

バイレの機会は別に(28日)エル・フラメンコでアントニオ・アロンソをゲストに迎えて行うとのことです。


エレーナは、現在日本ではさほど有名ではないかもしれませんが、セビージャ出身のすばらしい歌い手であり踊り手です。
古くは90年にケタマの日本ツアーで来日、またホアキン コルテス「シバジ」「パション ヒターナ」(1994年)でカンタオーラでのメンバーです。
踊りは10代からマチルデ コラール舞踊団の第一舞踊手を勤め、ホアキン コルテスのバンドに参加した頃からカンタオーラとして認められ、
カンタオーラとバイラオーラの両方を完璧にこなせるアーティストとして世界的に活躍しております。
またヒターナ系のアーティストとも大変親交が深く、厚く信頼されている方です。
あ、名前の由来はペーニャゆかりのANDUJAR出身、というわけではございません!!

詳しくは上記ホームページの情報をご覧くださいませ。
 

笑えました(^o^)

 投稿者:管理人  投稿日:2009年12月31日(木)11時03分32秒
返信・引用
  mosinさん、面白い試み&心優しいボランティアありがとうございました!
ネットでよく見かける「翻訳」って、どうなってるんだろう??と日頃気になってはいましたが、
なんとも不思議な「翻訳」が出来上がるんですね。びっくりです。
【ペーニャ=岩】は仕方ないとは思いますが・・・(^^;
やはり人の想いは『人力』でなくては伝わらないってことですね。
ホセ・アンドレスさん、異文化に対して気遣いのあるやさしい方だったんですね。
 

ありがとうございました!

 投稿者:事務局  投稿日:2009年12月31日(木)03時26分20秒
返信・引用
  ボランティアのさまざまな方々(?)、ありがとうございます。

数日かけて噛み締め楽しませていただきましたよ。
「なぜこれが?」って、わからないところもあり想像がフクラミマス。

彼の地の心温かい人びと、そしてRosarioを思いながら、行く年を送りたいと思います。
皆さん今年もありがとうございました。
2010年も元気で行きましょう。
 

ボランティア・人

 投稿者:mosin  投稿日:2009年12月29日(火)17時02分30秒
返信・引用
  人力バージョンです。
ホセ・アンドレス、異国の異教徒たちに対して親切な解説をしてくれていますね。

***
僕たちはカトリックのお祭りの中で最も楽しく陽気な、クリスマスを祝います。友達や家族親類にクリスマスをテーマにした絵のついたカードを送るのが習慣なんだ。そちらのペーニャのみんなにペーニャ・ロス・ロメーロスからのお祝いの気持ちを伝えてください。

僕たちはビジャンシーコを歌うフラメンコ・グループを結成しました。ビジャンシーコはクリスマスに歌う歌なんだけど、アンダルシアではフラメンコのコンパスで歌うのさ。ペーニャで歌ったときの写真が出来たら送ります。

ホセ・アンドレス
***
 

ボランティア・ソフト

 投稿者:mosin  投稿日:2009年12月29日(火)16時56分0秒
返信・引用
  インターネット上の無料翻訳サービスにボランティアになってもらいました。
予想通り面白く役に立ちます。ちゃんと tarjeta のミスタイプを指摘してくれたり。

サイト1:
我々は最も面白いパーティを祝って、カトリック宗教(クリスマス)で幸せにします、そして、この党に特有の図面でterjetasで友人と家族を祝うことは習慣です。 どうか、それはあなたの岩のすべての友人と友人に岩の代表者としてRosemariesを祝います。

我々は祝歌(クリスマスに特有の歌)のフラメンコグループをつくりました、そして、彼らがフラメンココンパスに歌われるアンダルシアで、彼/彼女が我々がロックの中で製作したショーのコピーをするとき、私はあなたにそれを送ります。

恋人Andr s

サイト2:
我々は、休日をより楽しく、カトリック、クリスマスに幸せを祝うだろうし、それの写真terjetas友達や家族を祝福する慣習は、このホリデーシーズンに自身の。してください。ペーニャロサンゼルスRomerosお岩のすべての友達に代わって祝福した。

私たちは、クリスマスの歌自体は、アンダルシアのフラメンコのリズムで歌うとき、我々は岩で、それを送信した番組のコピーを持ってキャロルのフラメンコグループを結成している。

ホセアンドレス
 

ボランティア募集!

 投稿者:管理人  投稿日:2009年12月24日(木)17時20分21秒
返信・引用
  どなたか心優しく時間のある方、下のメッセージを訳していただけませんか?
みんながスペイン語を読めるわけではないので・・・
どうぞご協力のほど、よろしくお願いします。
 

アンドゥーハルより

 投稿者:事務局  投稿日:2009年12月24日(木)01時57分15秒
返信・引用
  ホセ・アンドレ氏より、です。

Nosotros vamos a celebrar las fiestas más divertidas y alegres de la religión católica, la Navidad, y es costumbre felicitar a los amigos y familiares con terjetas con dibujos propios de esta fiestas. Por favor felicita en nombre de la peña Los Romeros a todos los amigos y amigas de tu peña.

Hemos formado un grupo flamenco de villancicos, canciones propias de la Navidad, y en Andalucía se cantan a compás flamenco, cuando tenga la copia del espectáculo que hicimos en la peña te la enviaré.

José Andrés
 

例会お知らせ

 投稿者:事務局より  投稿日:2009年 9月21日(月)01時31分20秒
返信・引用
  (投稿が少ないとページに広告が入るらしいです)

例会の予定をお知らせします。

10月21日(水) エスペランサ
11月23日(月・祝) 例会に準じるものとして・・・近く発表します
12月20日(日) ギターのソロコンサート・・・さて、どなたでしょう?!

しばらくめじろ押しの予定になります。お楽しみに!
 

4月例会

 投稿者:事務局  投稿日:2009年 3月20日(金)00時32分11秒
返信・引用
  4月19日(日)にカンテ・フェスティバルです。
要町・プラサ・ギターラにて。
エントリーについてはまた後日。ご予定くださいね。
 

3月例会

 投稿者:事務局  投稿日:2009年 2月26日(木)01時17分31秒
返信・引用
  来月例会は、3月16日(月)、エスペランサで行います。
また月曜ですのでお間違えなく!
 

12月例会

 投稿者:事務局  投稿日:2008年11月 6日(木)23時25分6秒
返信・引用
  日が事情により変更になりました。

12月15日 月曜です。
忘年会を兼ねております。みなさんいらしてくださいね。
 

9月例会

 投稿者:事務局  投稿日:2008年 8月27日(水)02時29分39秒
返信・引用
  取り急ぎお知らせです。

9月21日日曜に、SPコンサートを行います。
詳細は近日中・・・お待ちくださいませ。(B)
 

パコさん

 投稿者:事務局  投稿日:2008年 7月 3日(木)02時00分30秒
返信・引用
  みなさんご存知のことと思いますが、
日本フラメンコ界の最初のカンタオールの一人である、
パコ山田さんが6月29日亡くなりました。

気持ちよく歌っているようなお顔で眠られていました。
今頃、声を取り戻して思い切り歌っているでしょう。

新宿ゴールデン街のNaNa店主として、若いフラメンコ達を温かく見守ってくれました。
心から感謝し、ご冥福をお祈りします。(B)
 

ポーレンの著作について

 投稿者:ブッキング 柳  投稿日:2008年 4月24日(木)14時35分46秒
返信・引用
  昨日は飛び入りで参加させていただき、ありがとうございました。

ご紹介させていただいたドン・ポーレンの2作品についての詳しい説明、およびポーレンの経歴については下記のURLをご参照ください。

飯野会長のお言葉にもあったとおり、ドン・ポーレンはまさしく「偏狭的」または「排他的」といっていいほど個人的好き嫌いに徹したフラメンコ人生を送り、その著作の中では実名でのアーティスト批判すら憚らず、自身の信じる「本物のフラメンコ」にこだわり続けた人です。

ポーレンの文章は、実際あまりに主観に偏り過ぎていて、思わず閉口してしまう部分も少なくありません(実際、私が好きなアーティストもボロカスに書かれていたりします…)。しかし、その歯に衣着せぬ文章の根底に流れているのはフラメンコへの深い愛情であり、その本質を追求しようという強い情熱であることもまた事実です。

刊行からすでに数十年の時が流れていますが、表面のみにとらわれず、そもそも著者の個人的な主張であることを前提に読めば、大変に興味深く、貴重なフラメンコに関する著作であることに変わりはなく、その魅力は少しも色あせていません。

とまあ、私の「主観的」説明はこれくらいにして(笑)、皆様の加筆をお願いいたします。

購入予約が100冊集まれば刊行決定です。
(刊行予定時期は2008年7月下旬~8月)

よろしくお願いします。

ブッキング 柳卓也

作品紹介URL(↓)

http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68309787

 

お知らせ

 投稿者:事務局  投稿日:2008年 4月24日(木)01時27分4秒
返信・引用
  昨日エスペランサの例会でご紹介した情報です。

ドン・ポーレンのあの本が2冊、新訳で復刊されます。正確には、システムとして、購入予約が一定数に達したら刊行されます。

この続きは、担当のブッキング編集部柳さん、お書き込みください。
また、先達のみなさん、ぜひ加筆をお願いします。
 

レンタル掲示板
/4