teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


良い方向に向かいますように

 投稿者:SHU  投稿日:2017年 5月24日(水)14時25分4秒
   これまでの経過を読ませてもらっていますが、
私の感想では、管理人さんの娘さんは、意志のしっかりした、
利口な女の子のように感じています。

 大波小波、しばらくは変動が続くでしょうが、
知らぬ間に、症状が消えていた。そんな日が来るといいですね。

 今年は、玉ねぎ180個くらい収穫しました。
妹や、娘にも分け与えています。
 
 

娘の吃音

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 5月22日(月)22時33分44秒
  最近はほとんどどもらなくなりました。

吃音を上手にコントロールしている感じです。

発語と息が一致しています。

ゆっくりと、そして、はっきりと発語しているのが、いい結果につながってるような気がしています。

まあ、一喜一憂せず、見守っていこうと思います。
 

桂文福さん

 投稿者:SHU  投稿日:2017年 5月17日(水)14時59分15秒
編集済
   大相撲五月場所の今日、四日目、テレビを見ていると、
この人が画面に映りました。
 大阪の落語家で、桂文福さん。吃音者として有名な方です。
 ご自身、体格も立派で相撲甚句も上手です。

以下は、あるサイトからのコピ-です。

 吃音のハンディを乗り越えて
 文福さんは、子どもの頃から吃音のハンディを持つ。
五代目・桂文枝(当時、三代目・小文枝)に入門後
「君は古典落語よりもナマリや吃音をそのまま出した新作の方が味がある」
という師匠の薦めで新作落語に取り組む。今でも文福さんは
「私の個性を見つけて活かしてもらった」とそのことを感謝する。

http://

 

ユ-チュ-ブ

 投稿者:SHU  投稿日:2017年 5月11日(木)16時18分39秒
   もしかしてと、思って、ユ-チュ-ブで、「吃音の治し方」
と、入力してみました。
 出てくる出てくる、たくさん投稿されていました。

 そして、コメント欄には、中高生のコメントが、たくさん見られました。
昨今は、ユ-チュ-ブの方に、救いを求めている人のほうが多いのかな、
そんな気がしています


 ユ-チュ-ブから

  https://www.youtube.com/watch?v=ku-qqEpv47o
 

ハンモックから落ちて

 投稿者:SHU  投稿日:2017年 5月10日(水)12時33分9秒
編集済
   これから夏に向かうので、外孫を喜ばせてやろうと思い、
「買ってよかった」というサイトから、ハンモックを購入しました。
二千円少々で、250キロまで大丈夫という品物でした。
 私は、ハンモック初体験です。

 ハンモックを支える器具はついていません。
そこで、ホ-ムセンタ-に行って、添付した写真のような器具を
庭にある柱と柱に付けました。
 庭は、コンクリ-トです。
 まず、自分が乗って、試してみることにしました。
 事故が起きてはいけないので、高さは低く、コンクリ-ト面から20~30センチ位に。
ハンモックに腰を下ろして、ゆっくりと両足を放しました。大丈夫でした。
 しばらくの間、寝そべっていました。

 これなら、安心と思いました。
そして、しばらくして二回目の試乗。
 安心しきって、腰を下ろして、両足を地面から放した途端、
自分は、お尻からコンクリ-ト上に落ちていました。
 一瞬のことで、何が起きたのか、全然わからなかったのですが、
腰がこわれていないか、慎重に確かめてみました。
 若干痛みはあるものの、大丈夫そうだったのですが、次の日に
痛みが出るのではないかと、心配でした。
 痛みは出なかったのですが、今でも、体の向きで、傷んだりします。

 原因は、器具に空間があるので、伸び切っていました。
今では、空間のない、添付したようなのに変えています。

 みなさんもハンモックを使用の時は、くれぐれも、支えには
しっかりしたものを使ってください。
 

吃音者が、いない。

 投稿者:SHU  投稿日:2017年 5月10日(水)11時59分59秒
   吃音者の少ない事。
この数年で、自分のまわりで、吃音者に出合ったのは、
数年前に、自分が体調をこわして、入院した時に病院にいた
勤務医だと思いますが、若いお医者さん。
 非常に回りくどい説明の仕方で、すぐに吃音者だとわかりました。

 テレビを見ていても、プロ野球でもヒ-ロ-インタビュ-で、
吃音者らしき選手を見たことがありません。
 オリンピックで活躍した選手たち。
インタビュ-など聞いていても、だれ一人、話に苦労しているという
風景に出合ったことがありません。

 吃音者の数は、減ってきたのでしょうか。
そんなことを思わせる、昨今です。
 

娘の吃音

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 5月 6日(土)20時07分44秒
編集済
  最近は吃音が出たり、出なかったり・・という感じです。

でも、嬉しいのは、言いにくい言葉があっても、あきらめず、たくさん話してくれます。

幼稚園でも、妻が言うには、他の子どもの母親に対しても、臆することなく、どんどん話しているようです。

娘には今、ピアノを習わしています。
ピアノの先生が言うには、上達が早いそうです。
でも、リズムがいまいち・・とのことです。

妻が言うのは、
自宅でのピアノの練習で、
メトロノーム(先月購入)で、練習していても、最初はメトロノームのリズムに合わせて弾いているようですが、すぐに自分のペースになって、リズムが乱れると言っていました。

吃音は、「非流暢性の障害」と言われていますが、
発語リズムが乱れて、
言おうとする言葉と吐く息がマッチせず、吃音の症状になるのかな~と思っています。

あと、
やはり第二音への移行の部分。
最初の一語はスムーズに発語できていますが、
第二音への移行の時に、上手に発語は移行できない様子が見てとれます。
例えば「これ」という言葉。
「こ~~~・・れ」という感じです。
「こ」から「れ」に言葉が移行するときに、うまく移行できずにいます。
きっと、本人は、どうやったら、「こ」から「れ」に移行したらいいのか・・・
と思っているかもしれません。

私の子どもの頃を思い出すと、私も小学校の時、同じ感じだったと思います。
言葉と言葉のつなぎ部分が・・よくわからなかったと。。。

まあ、結局は、言葉と言葉のつなぎ部分は意識せず、言葉がとぎれても次の言葉にそのまま移行すればいいのですが(言葉と言葉のつなぎは意識しない)、本人は、きっとその部分で悩んでいるのかな~と。。。

いずれにせよ、
今後も見守っていこうと思っています。
 

山茶花

 投稿者:SHU  投稿日:2017年 5月 4日(木)05時27分4秒
   こうじさん、親切な投稿、ありがとう。
消毒のことは、気にしていて、もうそろそろかな、と思っていたところでした。
いいタイミングで、消毒できます。
 今年に入って、ミノムシが10ほども枝にぶら下がっているのを見つけて
はさみで切って処分しました。
 現在の様子は、添付した写真の通りです。
新芽のようなのが、だいぶ見られます。

 京都言友会の「心温まる投稿」というのは「あべあきひさ」さんの
投稿でしょうか。
 「初心に戻れる」ような文章ですね。
 

心温まる投稿

 投稿者:こうじ  投稿日:2017年 5月 3日(水)08時43分46秒
  SHUさんへ
もう、山茶花の消毒は済みましたか?

ところで、最近、京都言友会の掲示板に心温まる投稿がありました。
良かったら、ご覧下さい。
 

三遊亭円歌さん亡くなる

 投稿者:SHU  投稿日:2017年 4月24日(月)07時39分34秒
   私が、円歌さんが吃音者であるという事を知ったのは、
「山のあな あな」と繰り返す「授業中」という演目で売り出していた
三遊亭歌奴(うたやっこ)の時代でした。

 ウイキで検索してみると、亡くなった円歌さんは三代目で
驚いたことに二代目円歌も吃音者だったらしい。

 ウイキから
二代目円歌
 非常な努力の末、新潟訛りと吃音を克服、普段の会話では吃り癖が
残っていたが、高座に上がると弁舌さわやかに切り替わる名人ぶりを見せた。
ただし高座の最中、不意に吃りが出ると、扇子が痛むほど床で調子を取っていた。

 三代目
近所に住んでいた幼馴染で後にアナウンサーとなる小川宏が吃音者で、
真似をしていたら自分もなってしまったという。
落語家になった理由もそれの克服だが、入門時に(落語家への入門を懇願され、)
激怒した親から戸籍を外されてしまった。
また、吃音者であることは駅員時代にも災いし、偶然同じく吃音者だった
旧日本軍の人間の接客をしていた際、つられてどもって話していたところ、
マネしてバカにしていると勘違いして激怒した軍人に危うく切り捨てられそうになった。
やはり吃音癖のある二代目円歌に弟子入りしたのは偶然であったという


 

レンタル掲示板
/64